ショップ
  • shop
  • ガラスジャー
  • グラス
  • kilta
  • arabia
  • ポスト
  • flora
  • flora

retro number リアルショップオープン

retro numberの実店舗が、京都の四条烏丸にオープンしました。
6坪ほどの小さな店内に、北欧で直接買い付けたヴィンテージ食器や雑貨を店主独自のセレクトでまとめたショップです。
シンプルなものをベースに、普段使いにおすすめの食器や味わいある道具、雑貨などが並んでいます。
渋めの北欧セレクトをぜひお楽しみください。

店内一番奥にあるテーブルはその時々で模様替えをして、今見て欲しいものを並べています。ほぼ店主の気分次第で変わります。笑 この時は「朝食におすすめの食器」というテーマで、白とブルーの色でまとめたスタイリング。いつものテーブルにちょっとプラスして使っていただきたいものを選んでみました。

フィンランドのガラスブランド、イッタラやリーヒマキで作られていたガラスジャー。シンプルなフォルムは、何を入れても似合います。キッチン周りで紙ナプキンやカトラリーを入れたり、机の上のステーショナリーをまとめてみたり。使い方飾り方は色々です。いくつも並べて使いたい。500ml 4500yen+税〜

ガラスの小さなビンやキャンドルホルダー。置いておくだけでも絵になりますが、もちろん実際に使って頂けます。キャンドルを灯して、北欧気分を味わうのも◎ 

ティーマやキルタなどのシンプルな食器が色々あります。柄物も良いですが、このシンプルさが他の食器ともよく合う気がして、おすすめしているものの1つです。

アラビアのどっしりした陶器は、これからの季節にぴったりな柄と色合い。コーヒーや紅茶など、飲み物がより美味しく感じられる?かも。ブルーラインがシンプルなanemone(アネモネ)は日本の食器とも相性が良いですよ。

フィンランドで見つけた古道具や雑貨も色々と販売しています。長く使い続けられた道具は、とても良いアジが出ていて存在感もあります。実際に使える物をセレクトして販売しています。

Oiva Toikka(オイヴァ・トイッカ)のfloraシリーズもあります。クリアーやグレーなど、落ち着いた色合いのものを中心に紹介しています。

北欧だけではなく、他諸国から集めたステーショナリーや雑貨もあります。アメリカ、ドイツ、日本など。国にはこだわらずに、良い!と思ったものを買い付けしています。中には懐かしいものから、どうやって使うの?のものまで。楽しみながらご覧ください。